HOME > 塗り方のポイント > 屋外木部用

塗り方のポイント

屋外木部用

用途

羽目板、下見板、窓枠、戸袋、雨戸、板べい、木戸、その他建物用木部全般の塗装に。

[1]下地(塗る面)の調整

塗る面の汚れ・油分・カビ等は、(イ)たわしなどで、きれいに落とし、(ロ)カビは「カビ取り剤」で、(ハ)ひどい汚れは、ペイントうすめ液などで完全に取り除いて下さい。はがれそうな古い塗膜は、皮スキやサンドペーパー#100位で落とします。

次に表面を平滑により付着性をたかめる為に、全面に#240位のサンドペーパーをかけ、研きカスやゴミ等を除き清掃します。

[2]マスキング

塗料がついて困るところは、新聞紙やマスキングテープでカバーします。

[3]かきまぜる

使う量だけ別の容器に移し、塗りにくい時は、ペイントうすめ液で少し(5%前後)うすめて下さい。

[4]塗り方

はがれた処理面は、先に拾い塗りをし、充分乾いてからサンドペーパーで軽く平滑に研ぎ、次に全体を塗ります。

先に隅や塗りにくい部分を筋かいバケで塗ります。広い平面はローラーバケかコテバケを使うと能率的です。

一度に厚く塗らないで均一に塗り、1回目が充分乾いてから2回目を塗って下さい。

2回目の重ね塗りをする前に#320位のサンドペーパーを軽くあて、ゴミ・ケバ等をとって下さい。

[5]あとしまつ

塗り終えたら、マスキングテープをはがし、使った用具は直ちにペイントうすめ液で洗い、その後うすめた洗剤等で洗い、陰干ししておきましょう。

準備するもの

刷毛(筋かい・ひら)・コテバケ・受け皿・皮スキ・マスキングテープ・サンドペーパー・新聞紙・ボロ布・ペイントうすめ液など。

下地(塗る面)の調整

[1]下地(塗る面)の調整

マスキング

[2]マスキング

かきまぜる

[3]かきまぜる

塗り方

[4]塗り方

あとしまつ

[5]あとしまつ

関連商品を探す
PAGE TOP