HOME > 塗り方のポイント > コンクリート用

塗り方のポイント

用途

屋内外かべ、屋内のビニール・クロス(布)、紙のかべ、天井、浴室・台所・押入れなどのかべ、屋内外のモルタル、コンクリート、しっくい、土かべ、プラスター、レンガ、スレート、木部(ベニヤ)などに。

[1]下地(塗る面)の調整

はがれかけた古い塗膜やサビ:ワーヤーブラシ・金ベラなどでよく落とし、塗る面の汚れをきれいにし、ヒビ割れやキズ、小穴はコーキングやパテでうめる。かべ紙の場合は、合成ゴム系速乾性接着剤にて補修貼りする又は、同じカベ紙にて補修貼り又は、コーキング材で補修する。

油汚れ、マジックインキ、クレヨン、テープのあとなど:中性洗剤か、ペイントうすめ液をボロ布にしみ込ませて、十分に拭きとる。

タバコのヤニ: 洗剤を水で適量にうすめ、ていねいにヤニを拭きとる。

カビの汚れ:かびとりで殺菌・漂白したあと、十分水拭き、水洗いをする。

つるつるした面:サンドペーパー等で表面を荒らしておく。

ゴミ・ホコリ:きれいに清掃する。

下塗り:鉄部は必ずさび止めペイントを塗る。脆弱下地は、下塗りシーラを塗る。

[2]養生する

塗装作業は、汚れてもよい服装で行って下さい。塗る必要のないところや周囲を、新聞紙やマスキングテープで養生する。

[3]よくまぜる

使用前に缶の底まで均一になるよう、よくかきまぜる。

[4]塗り方

コーナー、継ぎ目、補修継ぎ目などや汚れの目立つ部分は、あらかじめ小刷毛で拾い塗りをしておき、その後、追いかけて全面を塗ります。

うすめずに塗れますが、5%前後の水でうすめて、一度に厚塗りせず、2回塗りするとより美しく仕上がります。うすめ過ぎるとつや引けやかぶり不良をおこすことがあります。

広い面や天井を塗るときは、コテバケやローラー塗りをすすめます又、高い所はつぎ柄をつけると楽に塗れます。

[5]あとしまつ

塗り終えたら、マスキングテープなどをはがす。

ハケ・ローラー等の用具類は、即ちに水又はぬるま湯で洗う。

残った塗料は、しっかりフタをして保存する。

準備するもの

水性バケ・コテバケ・ローラーバケ・ペイントパレット・つぎ柄・マスキングテープ・新聞紙・ボロ布・カビとり・ペイントうすめ液・中性洗剤・コーキング材・ワイヤーブラシ・金ベラ・皮スキなど。

#

下地(塗る面)の調整

[1]下地(塗る面)の調整

養生する

[2]養生する

かきまぜる

[3]よくかきまぜる

塗り方

[4]塗り方

あとしまつ

[5]あとしまつ

関連商品を探す
PAGE TOP