HOME > 塗り方のポイント > 鉄部・さび止め用

塗り方のポイント

鉄部・さび止め用

用途

鉄扉、窓枠、シャッター、手すり、板べい、物置、物干し台、鉄骨、機械、装置、建物などの屋内外の木部・鉄部に。

[1]塗る面の掃除

ハガレの原因となるゴミ・油分・サビ・汚れなどはよく落とし、はがれかかった古い塗膜は、皮スキ・ワイヤーブラシなどで十分とり、サンドペーパーで荒して下さい。

[2]養生する

塗装作業は、汚れてもよい服装で行って下さい。

塗る必要のないところや周囲を新聞紙やマスキングテープで養生する。

[3]よくまぜる

塗りにくいときは、ペイントうすめ液を5%前後加え缶の底からよくかきまぜてから塗ります。

うすめ過ぎるとつや引けやかぶり不良をおこすことがあります。

[4]塗り方

塗りにくいところやコーナーから先に塗り、広いところや塗りやすいところはあとで塗るようにします。

さびやすいところ・鉄面へ直接塗るときは、下地に油性さび止めペイントを塗ると長もちします。

未塗装の木部は、ケバ立ちやすいのでサンドペーパー等で素地調整を十分行って下さい。

塗り重ねる時は、先に塗った塗料が十分乾いてから塗って下さい。

[5]あとしまつ

塗り終えたらただちに刷毛などの用具は、うすめ液で洗います。ついでマスキングテープをはがす。

残った塗料は、しっかりフタをして、保存して下さい。

準備するもの

スジカイ刷毛・ローラー刷毛・ペイントパレット・ワイヤーブラシ・サンドペーパー・スクレーバー・マスキングテープ・新聞紙・ボロ布・ペイントうすめ液など。

塗る面の掃除

[1]塗る面の掃除

養生する

[2]養生する

よくまぜる

[3]よくまぜる

塗り方

塗り方

[4]塗り方

あとしまつ

[5]あとしまつ

関連商品を探す
PAGE TOP